神戸のリサイクルショップといったらここ!

神戸に住んでからかなり時間が経ったけど、そろそろいらないものも出てきたしリサイクルするか?そんなお考えのある方に送る、神戸でリサイクルショップを探している人にお勧めのショップ、ご紹介します!!など

業者の専門品だってお任せ!

かいとりや本舗

近畿地方では大手、と言えるのではないでしょうか?神戸市にももちろん展開しており、大阪や京都などにもその企業の規模を拡大している大手リサイクルグループ『かいとりや本舗』を次にご紹介して行きましょう。兵庫だけでなく近畿地方の隅から隅まで網羅するように展開されているこちらの企業は近畿圏に住んでいる人にとってはなじみのある会社でしょうね、それだけ規模を拡大することが出来るのは確かな実績と経験、そして顧客からの信頼が厚いからこそ成し得ていると言えるでしょう。

一体どんなところが強いと言うのか、それは下記の通りとなっています。

  • 他ジャンルに精通したスタッフが在籍
  • 経費削減・時間短縮でコストダウンして、より高額査定でお客様に還元
  • 買取不可品でも処分費負担不要

では一つ一つ見ていくことにしましょう。まず他ジャンルに精通していると言うことですが、これは本当に強みと言えるでしょうね。買取品といっても持ち込まれる商品というものが必ずしもブランド物であるということは限りません。バッグの査定に優れている人が、いきなり調理用具を出されて査定お願いします、なんていわれても適切な価格をはじき出すことは出来ないですよね。専門的な商品になればなるほど、その商品だけでなくブランドの知識も持っていないことには公平な査定を出すことは出来ないのは当然のことです。そういう意味で、一つのジャンルをそれぞれのスタッフがカバーしあって、査定を出してくれると言うことであれば、顧客としても安心して任せることができるでしょう。

次に経費削減・時間短縮でコストダウンとありますが、これが直接私たちとどう関係してくるんでしょうかね。それは訪問して買取を行なう際に、連絡のあった顧客から近いスタッフがすぐに駆けつけられることで、燃料費という移動に掛かる諸経費を削減することが出来たことで高額査定を実現できたのです。それを可能にしているのが何とGPSとコールセンターとの連携で、連絡のあった顧客から誰が一番近いところにいるのかを把握して、すぐに向かわせられるようになったということです。この手法は実に斬新でありますが、資本金がないとここまでの設備を導入するだけで時間と労力、そしてお金が掛かりそうですね。大手だからこそ出来る経営だと言えるでしょう。

そして最大の魅力ともいえるのが、買取不可品として判定された商品の処分費が掛からないということです。ただ全くかからないということでなく、搬出費用というものは別途必要となっています。ただそれ以外に掛かるお金は本当になく、この搬出費用だけ支払えばそのまま持っていってくれて処分もしてくれるのです。ありがたいですよね、粗大ゴミとして出せばそれなりに高くついてしまうので損しているだけに他ならないのに、半分くらいの出費でいらないものを処分できるというのであれば喜んで利用したいところです。

以上三つ、これがかいとりや本舗が利用されている理由ということになります。顧客満足度も高いですから、そういう意味では信頼できるリサイクル企業と言えるでしょう。

主な買取扱い商品

かいとりや本舗で買取を行なっている商品についてですが、こちらは本当に幅広く利用することができます。それこそ個人から法人まで、また家庭用から業務用の道具まで取扱ってもらえるということですから、リサイクル可能な商品であればなんでも買い取り可能という名目も納得できるでしょう。具体的にどんなものを買い取っているのか、というのは細分化すると大変なことになるので、大まかに分類分けしたもので紹介してきましょう。

  • 家電製品
  • オーディオ・ビジュアル製品
  • 家具製品
  • 生活雑貨
  • OA製品
  • 業務用製品

大きく6つに分類することが出来ますが、ここから更に細かく細分化されて数多くの品が買い取り可能として提示されています。その数ざっと10万点にも及んでいると言われているので凄いです。業務用においても、こんなの普通に考えたら買取できるの、というようなものまで対象となっているんですから驚きです。そして何よりそういった商品をきちんと査定できるバイヤーがいるということも驚きですが、どこでそんな知識を勉強してくるんでしょうね。業務用というものに触れることのない一般家庭では想像もできませんが、きちんとした相場が存在しているのは確かだと思います。気になる人は一度調べてみるのも良いかもしれないですね。ちょっとした経済レポートが出来そうですけどね。

買い取り可能商品の中にはデザイナーズ家具という、変り種もあったりします。そもそもそんなものを売りに出すということも想像できませんが、やはり売るということになれば話が違うんでしょうね。ただデザイナーズ家具というのは個性溢れるものが多く含まれているので、好みを分けることになるでしょうね。いくら有名デザイナーが作ったという製品でも、自分の好みに合わなければいらなくなってしまうんでしょう。買った後にいらなくなるというのももったいない気がしますが、それは当然壊れたなどの理由があるから、と思っておくことにしましょう。